よくある質問

メールでのご質問の前に、こちらのFAQをぜひご一読ください。

Q:「アドバンスクラス」ではどういった内容のことをやるのでしょうか? 「バイリンガルヨガ講師養成講座」との違いは何でしょう?

A:「アドバンスクラス」は、実践を繰り返し、ご自身のシークエンスが作れるようにしてゆきます。
『バイリンガルヨガ講師養成講座』で学んだ基本のポーズの指導の方法などを応用させて、ご自身のシークエンスを日英で組み立てます。
それを講師陣が添削したりしながら、ブラッシュアップしていき、みんなの前でシミュレーションします。
ネイティヴスピーカーの先生に発音や文法の矯正などをしてもらいながら、より完成度を上げていき、プロのバイリンガルヨガ講師として現場に適応出来る人材を育てていきます。
現場で実際に日英で教えたいと思ってらっしゃる方は、受講をお勧め致します。

Q:「アドバンスクラス」を受講するには、『バイリンガルヨガ講師養成講座』受講してからでなければならないのでしょうか?

A:「アドバンスクラス」はご自身ののシークエンスが作れるようになるための講座です。ご自身のシークエンスを作り、それを練習、実践し、現場体験に近い授業を繰り返し、その内容について指導を受けます。
既にヨガを英語で教えることを始められている方や、勉強をされてきた方はアドバンスから受講されてもいいかもしれません。
(お迷いの方は問い合わせフォームよりご相談ください)

Q:講座終了後、現場でヨガを教えるのに役に立つのでしょうか?

A:〇ご自身のヨガクラスをお持ちの方は、訪れた外国人の生徒さん方が言葉のストレスから解放され、ご自身のクラスのリピーターになってくれることが期待できます。

〇文法や発音だけではなく場面場面での応用など細かいところまで実践に沿って学ぶことが出来るので、同講座の受講中からリアルタイムにご自身の現場での指導力アップにつなげることができます。

〇ご自身の英語での指導中の問題点やクセを客観的に把握することが出来ます。

〇外国人の先生のレッスンを受講する際や、英文のヨガに関するメディアの記事なども、専門的な用語や、その言い回しを知ることにより、その内容をより身近に感じることができるようになり、ご自身が学ぶ際にも、その理解度が深まります。

〇バイリンガルヨガ講師として活躍されている先生方の経験談、世界の著名人の通訳などの現場で活躍している通訳の専門家からのアドバイスなど、カリキュラム以外にも参考になる助言を受ける機会を持つことができます。

Q:『アドバンス バイリンガルヨガ講師養成講座』受講中、私事都合で欠席した場合、補講はありますか?

A:受講される方のご都合で、欠席された場合の補講日のご用意はありません。テストなどに向けての学習の為に補講が必要な場合は、別途有料になりますが、ご相談下さい。

Q:『アドバンス バイリンガルヨガ講師養成講座』受講中、都合がつかない日があります。欠席する日数分の受講料割引や返金はありますか?

A:受講される方のご都合で、欠席される場合の、欠席する日数分の受講料割引や返金はご用意がありません。

Q:最後のテストはどういうものなのでしょうか?

A:最後のテストはご自分が考えてきたシークエンスを私達講師と他の生徒達の前でデモンストレーションをしていただきます。
日英でちゃんとスムーズにディレクションができるかどうか、間の取り方が上手いか、指導の仕方がちゃんと伝わっているか、などを見させていただき、簡単な筆記テストも行います。

Q:『アドバンス バイリンガルヨガ講師養成講座』の終了証はいついただけますか?

A:『アドバンス バイリンガルヨガ講師養成講座』修了証は、出席日数を含め、条件を満たした方に最後の日に授与されます。

Q:カード支払い、分割払いできますか?

A:『バイリンガルヨガ講師養成講座』をはじめ、sakura yoga主催にて行うワークショップ、リトリートのお支払いは銀行口座振込みをお願いしております。基本的に一括でのお支払いのみをお願いしておりますが、分割ご希望の場合は申し込み時にご相談下さい。

Q:『アドバンス バイリンガルヨガ講師養成講座』で講師陣が目指していることは何でしょうか?

A:外国から日本を訪れる方々が年々増えている現在、ヨガに関わるより多くの方々が、日英でヨガを学んだり、教えられるようになることを目指しています。
2020年にやってくるオリンピック向けて、よりグローバルで国際的に通用するホスピタリティーとクロスカルチャーの学びができるような環境作りができれば幸いです。

ページトップ